Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ボウリングスコアアップ講座(コントロープアップの基礎、369理論)

本記事では、ボウリングの「スコアアップ」に有効な

  1. 「コントロールアップ」の基礎
  2. 「スコアアップ」する狙い方
  3. スペアを確実に取る「3・6・9理論」
  4. 「中級者」「上級者」の分かれ道
  5. 一番の「スコアアップ方法」

について解説します。

1.「コントロールアップ」の基礎

(1)コントロールアップのための「考え方」

無理に「スピード」「パワー」「回転力」で力技で押し切ろうとすると、「コントロールが非常に不安定」になります。

コントロールがよくなければ、スコアアップは望めません。「コントロール重視」に切り替えましょう。

(2)コントロールアップのための「投げ方」

  1. 「ドット」を基準に立ち位置を決めます。
  2. 手前にある「スパット」を狙います。
    (遠くにある「ピン本体」を狙ってはいけません。)
  3. 「振り子打法」で「4歩または5歩助走」で投げます。
    (プロは小走りで「5歩助走」。重心が安定します)
  4. ”力を抜いて”、手をしっかり大きく振り切ります。

2.「スコアアップ」する狙い方

【1投目】「1番ピンのやや右側」に当てる

ストライクが出る確率の高い「1番ピンのやや右側」を狙います。

  1. 自分に合った立ち位置(ドット)に立つ
  2. 親指を「10時の方向」に向ける
  3. 「右から2番目のスパット」をめがける
  4. 手をしっかり振りきる

そうすることで、「カーブ」します。

【2投目】「スペア」を確実に取る

端に残ったピンを、クロス(対角線上)で狙います。

  • 「右」に残ったピンなら「左側」から。
  • 「左」に残ったピンなら「右側」から。

「カーブ」ではなく「ストレート」で狙います。
(親指は「12時」の方向です)

3.スペアを確実に取る
「3・6・9理論」

(1)「3・6・9理論」とは?

立ち位置を「板2枚分」ずらすと、ピン位置は「板3枚分」ずれます。この関係を元に、板数を計算してピンを狙う方法が「3・6・9理論(スパット理論)」です。

助走時に「まっすぐ歩く」「斜めに歩くか」で誤差が生じます。「立ち位置」「ファウルラインのドット」を見てまっすぐ歩くよう練習しましょう。

(2)3・6・9理論の「実践方法」

  • 「2番ピン」を倒すには、立ち位置を板3枚分ずらします。
  • 「4番ピン」を倒すには、立ち位置を板6枚分ずらします。
  • 「7番ピン」を倒すには、立ち位置を板9枚分ずらします。

立ち位置を「板3枚分」ずらすごとに、隣のピンを狙えるわけです。

↑(参考)左…計算結果 右…3:1:2の法則

4.「中級者」と「上級者」の分かれ道

(1)「中級者」→「上級者」になるには?

アベレージ(平均)が

  • 男性:「200」
  • 女性:「190」

を超えれば、プロを目指せます。スコア「200」を越えられない人は「スペアボウリング」から抜け出せられない人です。

「ストライクがとれなくても、スペアが取れればいいや」

と考えてしまうことです。

(2)「ストライク率」を高める方法

ストライク率を高めるには、次の5点を意識しましょう。

  1. 「1番ピンと3番ピンの中間」(17.5枚目)に当てる
  2. 入射角度を「3~6度の範囲」にする
  3. ボールに「適度の横回転」がある
  4. 適度の「スピード」がある
  5. ボールに適度な「重み」がある

1、2で「ストライク率100%」を狙う

1、2を”完全”に満たすだけで、ほぼ100%の確率でストライクが取れます。

3~5は「微妙にずれた時の保険」にする

3~5は「微妙にずれたときの保険」と割り切りましょう。

  • 回転
  • スピード
  • ボールの重さ

は、適度にしておかないとコントロールが崩れる」原因になり、1,2を満たすのが困難になります。

5.一番の「スコアアップ方法」

いろいろ書いてきましたが、私の思う上達の早道は、プロのレッスンを受けることです。

自分で練習するのもよいですが、変な癖をつき、後々直せなくなる場合があります。多くの人を見てきただけあって、プロの指摘は的確です。

「1回約90分のレッスン」は、1,000~1,500円くらいで受けられます。近くのボウリング場で、1度受けてみるとよいと思います。

まとめ

スコアアップには、次を意識しましょう。

  • 「スピード・パワー・回転力」よりも「コントロール重視」
  • 1投目は「1番ピンのやや右側」に当て「ストライク」を取る
  • 2投目は「3・6・9理論」「スペア」を確実に取る
  • 上級者になるには「ストライク率」を高める
  • 早く、癖なく上達するには「プロのレッスン」を受ける

関連ページ(ボウリング・スコアアップシリーズ)

マイボール・マイシューズは作るべき?(準備中)
本当に必要?選ぶ基準は?

あなたの実力はどれくらい?(準備中)
あなたの実力がどれくらいかが一目で分かります。