AI化(人工知能化)後に

  • 「残る」仕事
  • 「消える」仕事

をビッグデータで見える化しました。

この記事を読むことで、今後「必要とされる仕事」「将来が悲観的な仕事」を知ることができます。

1.AI化後も「残る仕事」

1.「人間らしさ」が求められる仕事

  • コミュニケーション・接客
  • 相手の感情・存在の深い理解(愛情、温もり)
  • 難しい意思決定、例外処理

が求められる

  • 教育
  • 介護
  • 営業
  • 医療

は残ると考えられます。

2.「AI化・機械化」が難しい仕事

  • クリエイティブ(芸術)性
  • 表現・想像力

が求められる

  • エンジニア(プログラマ)
  • イラストレーター(絵)
  • 音楽(演奏、作曲)
  • 活字(印刷、原稿)

の分野は残ると考えられます。

3.第4次産業(データ利活用・AI開発・管理)

過去の産業革命と同様に、なくなる仕事もあれば、新たに生まれる仕事もあります。

  • ビッグデータ利活用(分析、未来予測、運用)
  • IoT(スマート家電、センサ)
  • AI・人工知能(ディープラーニング、機械学習)

関連の仕事です。

また、「環境」に配慮した継続的な活動ができる業界が生き残ります。

2.AI化後「消える・なくなる仕事」

1.単純・定型作業

単純労働は、消える可能性が高いと考えられます。

  • 事務作業
  • 運転士
  • 公務員
  • 窓口(会社の受付、電話)

2.AI・ソフトウェア化しやすい作業

AI・ソフトウェア化しやすい作業も消える可能性があります。

  • 弁護士
  • 司法書士
  • 公認会計士
  • 中間管理職
  • 流通・仲介

まとめ(人間らしさ、新産業が残る)

以上から、

  • 「人間らしさ」が求められる仕事
  • 「AI化・機械化」が難しい仕事
  • 第4次産業(データ利活用・AI開発・管理)

が残り、

  • 単純・定型作業
  • AI・ソフトウェア化しやすい作業

は、消えたり、大幅に減ったりする可能性があります。

ただし、AI・人工知能を始め、IT業界用語は、実態以上に騒がれ、単語だけが独り歩きしている状況です。

また、仕事の残る・消えるは、AI化の入り口に過ぎません。人間を超える万能の人工知能ができた時、本当の人間の存在価値が脅かされることになるでしょう。

"成果"につながる「ビッグデータ」”見える化”

あなたは見込み客の
"本当の悩み”
を答えられますか?

 

"売上倍増"を実現する
「お宝マインドマップ」
をプレゼントします!

Twitterでフォローしよう