メニュー
料理レシピ フリーソフト配布 野田工房ブログ 音楽♪ 特別研究 ゲームセンター 野田工房掲示板 野田工房とは? リンク HPの歴史 野田工房どっとねっと

世羅町の歴史(2)

時代
事項
明治時代
文明開化して陰陽連絡道(国道184号線)つくる
大正時代
電灯がつき始める
昭和時代
(昭和20) 8月
      9月
(昭和25) 12月
(昭和37) 3月
(昭和39) 11月
(昭和41) 2月
(昭和44) 3月
      4月
(昭和47) 7月
      11月
(昭和52) 4月
(昭和53) 8月
(昭和57) 4月
(昭和58) 3月
      10月
(昭和59) 1月
      4月
      11月
 
戦争から民主化へ・町村合併経済発展の時代 広島に原爆が落とされたので、世羅からも緊急救援隊が派遣され、その方々も被爆される
17日(夜)長雨により郡内各地で地崩れなど続出し大被害を受ける(神崎大池が決壊する)
第1回全国高校駅伝大会で世羅高校優勝(翌年、連続優勝)
世羅町体育館完成
世羅町で初めて幸水梨が植栽される(世羅幸水農園)
世羅町学校給食センター建設。小中学校児童生徒の完全給食を開始
国道184号線バイパス(本郷地域)の改良工事成る
徳市小学校を廃校し、大見小学校へ統合
集中豪雨による災害発生、災害救助法の適用を受けた
第13会見高校駅伝大会が世羅コースで開催される(昭和48年まで)
世羅中学校開校
江の河内林火災(約4ha焼失)
県道河内甲山線、国道432号線に昇格
世羅町消防団・竿頭綬受賞
第1回世羅くつ供養マラソン大会開催
第1回世羅町文化祭開催
学校給食センター完成(世羅中学校西隣へ移転)
世羅町消防団、県消防協会から、優良消防団表彰旗受ける/世羅町音頭作成