■カラオケで高得点を出す方法(古)

”古いタイプのカラオケ機”では、音程判定のみで採点をしています。

つまり、”曲のメロディー”と、”マイクからの音”を比較して点数を出します。

「単なる音の比較」で音程の採点をしているため、
特徴的な歌い方をしたり、感情をこめて歌うのは逆効果になります。

「古いタイプのカラオケ機」で高得点を出すには・・・

・感情をこめて歌わない
・歌手に似せて歌わない
・ビブラートや強弱をつけない
・「機械」になりきって歌う
・長すぎず、ゆったりした曲を選ぶ(音符が細切れのものは×)


■カラオケで高得点を出す方法(新)

”新しいタイプのカラオケ機”では、音程を基準とし、
その他の要素も加味して採点します。

・声量&抑揚
声が大きい人ほど高得点が出やすい。
最後に表示される消費カロリーが参考になる。

音程
これが基本。これがダメだったらまず無理。
カラオケが大きすぎると、それも拾ってしまうためNG

・リズム
走りはダメ。若干のタメは問題ない。

ビブラート
伸ばす音で声を震わせる方法。これは10秒以上は欲しい。
かけただけ効果がある。
ただ、下手にかけると音程に影響する。

・選曲
ゆったりとした曲や音程を取りやすい曲を選ぶ。
「新しいタイプのカラオケ機」で高得点を出すには・・・

「音程」をある程度は正確にとる
・音を伸ばす場所では、「ビブラート」をかける
「抑揚」をつける(声の大小を大げさに作る)。

これでできます。

音程が基本点数で、ビブラート抑揚
加減されると思ってほぼ間違いありません。
あと裏技ですが、有線のマイクを持ち込むことで雑音が減り、
+2~+5点くらい得点がアップすることがあります。

歌がうまい人はビブラートや抑揚が確かにすごいため、
比較的、理にかなった採点方法であるといえます。


■最後に・・・忘れてはいけないこと

カラオケの本来の目的は
「楽しむこと」にあることを絶対に忘れないでください。

カラオケは上手でも下手でも、参加者全員が楽しめればそれでOKなのです。

熱唱してみんなを感動させるか、ノリでその場を盛り上げるか・・・
どう歌うかはあなた次第です。


あと、あくまでも機械は機械です。
機械で採点された結果と人間が感じるものは違うことがあります。

たまに、人が聞いてうまい!と思う人より、
型にはまって歌う人の方が点数が高いことがあります。

100点を出す人は「機械」?なのかもしれません。
機械のように単調に歌うのって嫌じゃないですか?


歌がうまいかどうかを最後に判定するのは、やっぱり人間です!

実は、「100点 ≠ うまい人」なのです。


役立ち情報いっぱい! 「特別研究」のページに戻る