ボウリング・スコアアップ講座

マイボールを作るべきか?

ハウスボール(ボウリング場のボール)は誰でも使えるように無難に設計されています。
それに対し、マイボールは自分の指の大きさ、指同士の距離に合ったボールであるため、
よりコントロールしやすく、回転もかかるようになります。
慣れるまではスコアが下がってしまいますが、一度慣れてしまえば確実にスコアもあがります。

色やデザインなどもお好みなデザインのものを選べましょう。
重過ぎるとスピードや回転が少なくなってしまうため、体力や技術に合った重さを選ぶことが重要です。

≪注意≫
ROUND1などの、ボウリング場で作れる5千円以下のキャンペーンマイボールの材質は
ハウスボールと大差なく、ほとんど曲がりません。買うなら、1万円以上の本当に曲がるボールを買いましょう。 ただ、曲がらないボールはスペア用ボール(端が残ってしまったとき用)に使うという手もあります。

マイボールの重さの選び方
↑重さの目安は、(体重÷4.53)[ポンド]


マイシューズを作るべきか?

ボウリング場の「貸しシューズ」の靴底は、左右がつるつるになっています。
これは、右利き・左利き両方で使えるように作られているわけなのですが、マイシューズは違います。

 左→つるつる 右→ゴムゴム(右利きの場合)

になっています。右足でしっかり踏み切れるので、安定したフォームで投げることができるようになります。
貸しシューズ代が無料になるのもおいしいですね。よく行くのなら必ず買いましょう。

ボウリング場の貸靴は、盗難防止のためにわざと派手&ダサく作ってあるのですが、
それから卒業できるのも魅力かもしれません。


意外と忘れがちなマナー

ボウリングをする上で忘れてはいけないのが基本的なマナー。
ついつい忘れて、他の人に迷惑をかけてしまわないようにしましょう。

ボウリングのマナー

1.ボウルは基本1人1個
 ボウルラックにボウルを置きすぎないようにしましょう。

2.ボウルをドスンと落とさない
 レーンが傷むし、周りの人も驚いてしまいます。

3.投球が終わったら、一度アプローチエリアから降ります
 隣のレーンの投球者の気が散らないように配慮します。

4.周りに人がいないことを確認してから投げます
 投球中に、隣のレーンの投球者と接触しないように配慮します。

 

ABS
ABS

 

関連ページ(ボウリング・スコアアップシリーズ)

ボウリング・スコアアップ講座・・・ボウリングのスコアアップ方法を徹底解説
あなたの実力はどれくらい?・・・あなたの実力がどれくらいかが一目で分かります。

役立ち情報いっぱい! 「特別研究」のページに戻る