ボウリング・スコアアップ講座

スコアアップの基礎

まずは、ボウリングの基礎について復習です。

スコアアップの基礎 ●スコアアップの基礎

 無理にスピードとパワーで押し切ろうとすると、非常に不安定になります。
 コントロールがよくなければ、スコアアップはまず望めません。
 スピードやパワー(回転力)以前の問題です。


●コントロールアップ方法

 1.立ち位置を決める
  ドットを基準に立ち位置を決めます。

 2.スパットめがけて投げる
  ピンを狙ってはいけません。手前のスパットを狙いましょう。

 3.「安定」した振り子投法
  4または5歩助走で、重心を安定させて投げます。
 ”力を抜いて”、手をしっかり大きく振り切ります。
 (⇒プロは小走りで5歩助走)


スコアアップのための基本的な狙い方

【1投目】 1番ピンのやや右側に当てる
 自分に合った立ち位置(ドット)に立ち、右から2番目のスパットをめがけて投げます。
 親指は10時の方向に向けた状態でしっかり手を振りきればフック(カーブ)になります。


【2投目】 端に残ったピンを倒してスペア
 クロスで対角線上を狙います。右のピンなら左側から。左のピンなら右側から。
 カーブボールではなく、ストレートボール(親指は12時の方向)で狙います。

<イメージ図>
ピンのneraikata


スパット理論(スペアを確実に取る方法)

スパット理論
↑左…計算結果 右…3:1:2の法則
立ち位置を板2枚分ずらすと、ピン位置は板3枚分ずれます。
この関係を元に板数を計算してピンを狙う方法が「スパット理論」です。

ただし、助走時にまっすぐ歩くか、斜めに歩くかで誤差が生じます。
立ち位置とファウルラインのドットを見てまっすぐ歩けるように練習しましょう。

≪3-6-9の法則≫

●2番ピンを倒すには
立ち位置をに板3枚分ずらします。

●4番ピンを倒すには
立ち位置をに板6枚分ずらします。

●7番ピンを倒すには
立ち位置をに板9枚分ずらします。


中級者と上級者の分かれ道

アベレージが男性は200、女性は190を超えれば、プロを目指すことができます。
スコア200を越えられない人は、「スペアボウリング」から抜け出せられない人です。
「ストライクとれなくてもスペアが取れればいいや」って考えのことですね。

ストライク率を高めるには、次の方法があります。

①17.5枚目(1番ピンと3番ピンの中間)をヒットさせる
②入射角度が3~6度の範囲にある
③ボールに適度の横回転がある
④適度のスピードがある
⑤ボールに適度な重みがある

①と②を”完全”に満たすだけで、ほぼ100%の確率でストライクが取れるようになります。

③~⑤はあくまでも微妙にずれたときの保険と考えておけばよいでしょう。
回転やスピード、重さを重視しすぎるとコントロールがかなり崩れるので適度にしておくことが大切です。


一番のスコアアップ方法

いろいろ書いてきましたが、私の思う上達の一番の早道は、プロのレッスンを受けることです。
自分で練習するのもよいのですが、変な癖をつけてしまうと後々直すのが困難になります。
何人もの人を見てきただけあって、プロの指摘は的確です。

1回約90分のレッスンを、1,000~1,500円くらいで受けることができるので、
近くのボウリング場で1度受けてみるとよいと思います。

ABS
ABS


関連ページ(ボウリング・スコアアップシリーズ)

マイボール・マイシューズは作るべき?・・・本当に必要なのかどうか?選ぶ基準は?
あなたの実力はどれくらい?・・・あなたの実力がどれくらいかが一目で分かります。
.

カラオケで高得点が出せる曲リストカラオケで高得点を出す方法
【ボカロ曲カラオケ】人気ランキング(DAM/JOYSOUND)
【アニソンカラオケ】人気ランキング(DAM/JOYSOUND)


役立ち情報いっぱい! 「特別研究」のページに戻る