メニュー
料理レシピ フリーソフト配布 野田工房ブログ 音楽♪ 特別研究 ゲームセンター 野田工房掲示板 野田工房とは? リンク HPの歴史 野田工房どっとねっと

■食物依存性運動誘発アナフィラキシー

 「食べ物の組み合わせ」と「運動」
 その2つが揃ったときに異常症状が出てしまうアレルギー


これを

 「食物依存性運動誘発アナフィラキシー」

といいます。

普段は、食べ物や運動ではアナフィラキシーは起こらない。
しかし、特定の食べ物を食べてから2〜3時間以内に運動すると、
アナフィラキシーになることがある。

運動だけでは起こらないし、特定の食べ物を食べるだけでも起こらない。

「運動」「食べ物の組み合わせ」が引き金になってしまう。

まるで、化学反応みたいだ・・・。


■アナフィラキシーとは?

★「アナフィラキシー」とは?

 皮膚症状(じんましん等)や、呼吸器症状(喘息・呼吸困難等)、めまい、
 神経症状、ショック症状(血圧低下等)のうち、2つ以上存在している場合

★症状

 ・皮膚症状→じんましん・紅潮(皮膚が赤くなること)・浮腫
 ・呼吸器症状→喉頭浮腫・嗄声(声がかれる)・呼吸困難・喘鳴(ゼイゼイといった息をする)
 ・消化器症状→腹痛・下痢(げり)・嘔吐(おうと)
 ・神経症状→痙攣(けいれん)・頭痛・めまい・意識消失
 ・循環器症状→血圧低下・頻脈
 ・ショックから死亡

★特に起こりやすい原因食材

 ・小麦
 ・エビ
 ・カニ
 ・貝類
 ・果物・野菜(ブドウ・モモ・セロリ)


役立ち情報いっぱい!「特別研究」のページに戻る