■それは、”必要とされるホームページ”ですか?

あなたはどのような基準でサイトを訪れますか?

 「楽しいから」 「知りたい情報があるから」

結局、自分に「得」があるからです。

つまり、魅力的で人を惹きつけるものがなければ、
いくらアクセスアップに力を入れても、すべて無駄です。 数秒で逃げられます。


あなたのホームページを”客観的”に見てください

あなたが公開しているものは、本当に読みたいと思えるものですか?
読者にとって、有益な情報が本当に書かれていますか?
また来たいと、本当に思えますか?

アクセスアップを行う前に、まず
自分のホームページを根本的に見直しましょう。

内容が伴わないサイトがSEOテクニックだけで
検索エンジンの上位を得る時代はもう終わったのです。


■目玉を用意しよう!

何をメインコンテンツにするかを決めましょう。
全部メインにしたいという気持ちは分かりますが、
見る側のことを考えると、目玉を1,2個程度に絞る必要があります。

これを決めないと、一体何を目的としたサイトなのか分かりません


■迷った時は・・・

インターネット上にはお手本となるホームページがたくさん転がっています。
同じジャンルについて扱っているページを研究しない手はありません。

調べ物をしていて、googleなどで検索してあまりヒットしなかったものや、
質問サイトの中でアクセス数の多い質問項目などは狙い目です。
教えたくないと思うような有益な情報も、どんどん載せていった方が良いです。

それで損することはないのだから。


■陥りやすい罠

訪問者の眼はあなたが思っているよりかなり厳し目です。
訪問者の視点で考えれば、次のようなページは不快に思えるでしょう。

1.トップページが重い
2.Enterページがある
3.フレームを使っている
4.更新していない。放置している
5.背景に濃い色を使っている

6.個人情報を載せている
7.まともなコンテンツがない。内容がない
8.掲示板が宣伝書き込みで埋まっている
9.自己満足なページである
10.訪問者に何かを強制している(キリ番報告、トップページ以外へのリンク禁止、右クリック禁止など)

11.情報を出し惜しみしている
12.広告やアフィリエイトなどがある
13.工事中のページがある
14.リンク切れがある
15.見ずらい、読みづらい

■最後に...ホームページの存在意義とは?

あなたは、アクセスを増やすことだけを考えていませんか?
ホームページの開設の本来の目的は、アクセスカウンタの数を増やすことではないはずです。

いくら宣伝したり、プレゼントキャンペーンをして、アクセス者数が増えても、
9割方は、あなたの発信している情報を無視します。1ページ見てすぐ帰ってしまうのです。


では、何のためにホームページを作っているんでしょうか?
一度じっくり、自分で考えてみてください。あなたのホームページの存在意義を。


■関連シリーズ


■「効果的アクセスアップ講座1
~求められるホームページって?」
■「効果的アクセスアップ講座2
 ~基本的SEO対策編」
■「ブログのアクセスアップ編」 ■「コメントをもらえる日記とは?」
■「確実にアクセスアップする方法」 ■「mixi日記と外部ブログの両立」


役立ち情報いっぱい! 「特別研究」のページに戻る