動画化プロジェクト【絵師&動画師様】

キミを想う

動画化進捗状況です。 間違い等がありましたら、ご連絡ください。

 

【参考までに】作詞者様のイメージ

作詞者様のイメージをまとめてみました。

【動画の流れ:作詞者様(狂織様)より】
★服装
服装は統一して、シンプルな制服のようなもの。 (例→白Yシャツにプリーツスカート、黒ソックス)
表情は凛々しく前を見据えたイメージ。若々しく爽やかで前向きな印象を与えられる絵が好ましい。

★ストーリー

*設定はファンタジー世界
近未来の人格が統一され作られていく社会に反抗する少年少女の戦いがテーマで、
ライラ様の背景の雰囲気がそのまんまでとても素晴らしいです。
後ろを通り過ぎていく大きい人たち、そうなるかもしれない自分自身が歌詞の中での「敵」、戦う相手。
歌詞が与えるメッセージとしては「自分がここにいる、誰もが苦しみながらも戦っている、
仲間や大切な人たちの笑顔が見たいから決してあきらめない」前向きで明るい感じ
です。

*歌詞
(1A)
背景は、シンプルで灰色系統の背景(バックに木枠…いくつかのフレームなどがあるといいかも)
ぽつんとひとりで立っているミク。小さな明かり(キラっとした光)に手を伸ばすような格好ですね。
どこか頼りなげで、まだ迷いのあるような表情をもちます。
シルエットかなんかで、下のほうに行きかう人々とかがあると雰囲気がいいと思います。

(1B)
刹那の関係~のところから体の横で拳を握るような…
決意をしたミクの表情がとれればと思います(表情アップに光を差したり)
背景というよりはアップで表情の変化がつくとおもしろいかなぁなんて考えたり…
例)悲しげ→キリッ(凜)

 

(2A)
誰かのフレーム~のところでは後半部分で、最初のAのところの絵に加工で羽を追加したり、
上を向いて凜としたミクが欲しいです。
何かが変わった、決意を固めたというのが伝わるような絵がいいです。
背景は1Aの使いまわし、もしくはフレームの中になにか明るい風景が見えたりすると
ミクの変化が伝わりやすいような気がします。

(2B)
僕らが笑える幸せ 儚いけれど~のところから。仲間ができほんのり笑うミクさん。
銃…かはわかりませんが何らかの武器を手にしてる(=戦いの中の絆のイメージです)
微笑む、笑うという表情ながらしゃがみこんだり、駆けだそうというポーズで背景でもいいので
一緒に走ったり手を差し伸べたりする仲間の姿が映るといいです。楽しげで明るいイラスト。

(2B')
このまま変われず 続ける戦争ごっこ~
後姿のような、目の前に見える小さな光に対峙するイメージ。
懸命に手を伸ばして、光を掴もうとする、必死な感じです。
その姿の仲間と一緒のもの、正面からの表情のアップなどあるといいかと思います。

(ラスト)
大切なヒトたち~ のところでは、ミク、仲間、大人などが集合して、
それぞれのカットを入れたあとから全体像があればいいと思います。
例)大人カット→仲間カット→ミクカット→ズームアウトで全体像
ここではみんなキリッとした笑顔…がいいです。
少年漫画の主人公のようなというか自信と信頼が窺える笑みがラストを飾れれば、と思います。
【必要と考えられるイラスト(作詞者様のご意見より)】
★背景×2枚
1.シンプルで灰色系統の背景(バックにいくつかの木枠→必要に応じて中に明るい風景を表示)
2.一緒に走ったり手を差し伸べたりする仲間の姿

★背景部品×2
1.下のほうに行きかう人々(シルエット)
2.羽根

★人物×8枚前後?
1.ぽつんとひとりで立つミク(小さな明かりに手を伸ばす、まだ迷いのある表情)
2.体の横で拳を握るような、決意をしたミク(悲しげ→キリッの2種)(表情アップに光が差す)
3.上を向いて凜としたミク
4.仲間ができほんのり笑うミク(何らかの武器を手にしている)
5.目の前に見える小さな光に対峙する、懸命に手を伸ばして、光を掴もうとする
(後姿)(+正面からの表情アップ)
6.ミク、仲間、大人などが集合
(大人カット→仲間カット→ミクカット→ズームアウトで全体像、みんな笑顔)

 

【参考までに】旧動画師様の当初の動画案

作詞者様のイメージをまとめてみました。

【新動画案】

1:前奏
タイトルの書いた灰色の背景の上に人の影がフラフラしている
(余裕があれば制作者名を入れる、なければ最後に入れる)

2:灰色の中 浮いてるような 錯覚をしている 僕たちの存在
(影の中に少しずつ ミクが浮かびあがってくる)

3:僅かに光る 小さいけれど 輝く綺羅星(きらぼし) 瞬いて消えてく
(左から右に向かう光と一緒に影が 一気に消える)

4:刹那の関係 なにより 大切なもの
(手の画像がアップで手のつけねから先にむかってずれていく)

5:時間に 誰かに 何かに 抗った
短い煌めき 一筋 射した光が
時間を 想いを 僕らを 照らした

(時計のエフェクトを上にかける もし絵師様がよかったら
目をつぶってるミクを書いてもらって 【照らした】の瞬間に
バッって感じの光と一緒に目を開ける)

6:誰かのフレーム 当てはめられて 育てられたヒト 僕たちの抜け殻
(また影がでてくる ミクは影のなかにいるけど 途中で
ミクがだんだん黒くなって 影の中にかくれてしまう)

7:僅かに光る 小さいけれど 溢れる自由が 羽ばたいて飛んでく
(そらから 白い羽が降ってくる それと同時にミクに色がすこしづつ戻る)

8:僕らが笑える 幸せ 儚いけれど
時間に 誰かに 何かに 抗った

(羽は降り続ける ミクを腰あたりから上に移していく)

9:守って傷つく それでも もう一度立つ
(影の中で一段と輝くミク 少しずつ下にずらしていき 【もう一度立つ】で足を写す)

10:夢中で 他人と 自分と 戦う
(後ろの影の数がへっていく)

11:このまま変われず続ける 戦争ごっこ
不毛で 無駄でも 僕らは 欲しくて
綺麗で 必死な 僕らの 見続ける夢
時間を 自分を 他人を 信じる

(仲間(?)と想われる人たちをしたから上まで写す(一人ずつ))

12:大切なヒトたち これからも一緒に 笑いあえることを なにより望んでる
僕たちは戦う そして信じている いつもそばにあった そう、敵も味方も

(仲間全員を写してうしろに影が少しずつふえてきて 【敵も味方も】
のところで ミクに一気に近づいて 【敵も】(目をつぶっている) 【味方も】(めをあける)