おもしろ分析結果
【人気アニソン、人気アニメ、人気アプリ「nana」】

※「アニソン」や「歌ってみた(nana)」関連についての研究成果を発表します!

MIDIランキングアニソンランキングJ-POPランキング
【2017年】アニソン【2016年】アニソン【2015年】アニソン

【おもしろ分析結果【アニソン/アニメ/nana】】 2018冬アニソン予想

「人気曲」は男女で違う?【総合】

果たして、男女で曲の好みは違うのでしょうか?

上図に、人気の高い曲をまとめてみました。
(↑が男性、↓が女性、→が再生数です。)
大まかに分けると、
「男性に人気の曲」
「女性に人気の曲」
「男女ともに人気の曲」
の曲に分かれます。

「男性に人気の曲」は?

 「男性に人気の曲」は、「PERFECT HUMAN」「MUSIC VIDEO」、「PPAP」などのネタ系や、 「シュガーソングとビターステップ」「かくしんてき☆めたまるふぉ~ぜ!」などのノリの良い曲が目立ちます。逆に、そういった系の曲は、女性にはあまり人気がありません。

「女性に人気の曲」は?

 「女性に人気の曲」は、「全力バタンキュー」「はなまるぴっぴはよいこだけ」など、おそ松さん関連が人気です。最近は、女性向けのアイドル系アニメ・ゲームが多く出てきており、「うたプリ」、「Bプロ」、「アイドリッシュセブン」、「A3」「アイマスSideM」系の曲も人気です。

「男女ともに人気の曲」は?

 「男女ともに人気の曲」は、 「不協和音」や、「いけないボーダーライン」などです。性別を超えて、万人受けしている曲と言えます。

人気アニメは男女で違う?

「人気アニメ」は男女で違う?【2017春版】

それでは、人気アニメは男女で違うのでしょうか?
上図に、「2017年春アニメ」をまとめてみました。
(↑が男性、↓が女性、→が再生数です。)

こちらも、
「男性に人気のアニメ」
「女性に人気のアニメ」
「男女ともに人気のアニメ」
の曲に分かれます。

「男性に人気のアニメ」は?

 「男性に人気のアニメ」は、 「エロマンガ先生」「武将少女マキャヴェリズム」などの萌え系アニメや、 「ヒロアカ」「進撃の巨人」などの勢いのあるアニメです。男性は、いい意味で、本能に忠実で、歳をとっても子どもっぽいところが残っている感じがします。

「女性に人気のアニメ」は?

 「女性に人気のアニメ」は、 「銀魂」「スタミュ」「おそ松さん」「黒子のバスケ」「弱虫ペダル」「ハイキュー」「テニスの王子様」「Free!」あたりが人気です。 男性キャラが主役で、ロマンティックなアニメが人気のようです。(※通称、「腐女子」と呼ばれる方々も、含まれます。)

「男女ともに人気のアニメ」は?

 「男女ともに人気のアニメ」は、 「名探偵コナン」「ラブライブ」、「ワンピース」、「マクロスF」などが人気です。シリーズモノの万人受けする定番アニメは、固定ファンが健在で、男女ともに人気です。

nanaを分析してみた

日本最大級の歌ってみたアプリ「nana」を分析してみた

 10代の女性(特に学生が多い)が主に使っている、500万人規模の歌ってみたアプリ、「nana」を分析します。

nanaの「人気曲」は?

 「人気曲」は、「ボカロ(VOCALOID)」が圧倒的1位で、2位「J-POP」、3位「アニソン」、4位「ロック」、5位「セリフ」と続きます。

 最近は、若干、衰退気味のボカロ業界ではありますが、相変わらず、カラオケでもボカロ曲が上位にランクインしています。若者寄りの曲(テンポが早い、音程が激しく上下、転調が多い、インパクトのあるメロディ(モチーフ)の繰り返しなど)が多く、中毒性が高いことが理由として考えられます。

 アニソンは、ボカロ、J-POPにおされ、3位ですが、アニメ好きな人(通称、アニメオタク)は毎週好きなアニメのOP/ED曲を聴くことになるため、曲が印象に残りやすく、中毒的になりやすいという特徴があります。(ドラマ主題歌も同様)

nanaの「人気アーティスト」は?

 「人気アーティスト」も、ボカロPが目立ちます。こちらも、ほぼボカロで上位は独占されていると考えて良いでしょう。「ハニワ(HoneyWorks)」「DECO*27」は定番です。「米津玄師(ハチ)」はボカロP(動画サイト)を飛び出して、「ピースサイン」、「砂の惑星」、「打上花火」など、近年メジャーでも人気曲を連発しているアーティストです。

 アニソン関連のアーティストは、ボカロ系の「ハニワ(HoneyWorks、CHICO with HoneyWorks)」、「米津玄師(ハチ)」を筆頭に、「Aimer」、「BUMP OF CHICKEN」、「まふまふ」、「UNISON SQUARE GARDEN」、「どうぶつビスケッツ×PPP」と続きます。声優は、一般的に単発モノが多いため、上位に行くのはなかなか困難です。

nanaの「人気のハッシュタグ」は?

 「ハッシュタグ」とは、nanaの曲の説明欄に曲名や歌手名、ジャンル、主張したいことなどを先頭に「#」をつけてタグ付けするものです。ハッシュタグをつけることで、興味・関心が近い人を検索して見つけやすくできます。

「フォロー/拍手/コメント系」のハッシュタグ

 「#拍手返します」「#フォロー返します」「#コメント返します」「#拡散希望」「#フォロバ100」「#フォロー返す」「#フォロバします」「#コメント返す」などが多く、他の方に聴いてもらったり、反応をもらったりすることを求めている人が多いようです。投稿したからには、反応が欲しいのはうなづけます。

「コラボ系」のハッシュタグ

 また、「#コラボ用」「#コラボ」「#コラボ募集」「#コラボ待ち」「#ユニット募集」「#ユニット」「#フリーコラボ用」「#コラボ募集中」「#メンバー募集」などのタグから、複数人で重ねどりをするコラボ企画も人気なことがわかります。主に多人数で歌うアイドル曲や、合いの手、ハモリなどが多いようです。コラボすることによって、他の人と関わることができたり、再生数/拍手/コメントを伸ばしたりする効果が期待できます。nanaにはコミュニティの機能があり、コラボ系のコミュニティも人気です。

「声劇系」のハッシュタグ

 あと、「#声劇」「#台本」「#掛け合い」「#声劇台本」「#声面接」「#一人声劇」「#朗読」「#台詞」などのタグから、セリフなどを録音する「声劇」も人気なことがわかります。質問に回答する面接シリーズ(萌え声、喘ぎ声、演じ分け、告白、ロリ声、ショタ声、イケボ)も人気です。nanaには、声優志望の人も結構います。

「アニソン系」のハッシュタグ

 アニソン系の上位ハッシュタグは、「#アニソン」「#アニメ」「#ラブライブ」「#けものフレンズ」「#シュガーソングとビターステップ」「#君の名は」「#アイナナ」です。

 「ラブライブ」「けものフレンズ」は、いわゆるグループモノです。声優単体では、その1人に興味がある人しかファンになりえません。しかし、グループでは、1人でも好きな声優がいるとファンになる確率が高まります。

 様々な属性の声優やキャラをグループとして出すことで、多くのファンを得ることができます。これは、J-POPでも昔から行われている方法であり、AKB系やジャニーズを代表としたグループが定番です。

MIDIランキングアニソンランキングJ-POPランキング
【2017年】アニソン【2016年】アニソン【2015年】アニソン

【おもしろ分析結果【アニソン/アニメ/nana】】2018冬アニソン予想



<著者:「野田工房」プロフィール>


野田工房(本格アニソンカラオケ制作)
小学1年生からPCを触り始める。
情報工学を9年間(高専~大学院)専攻。

アニソンカラオケを230曲制作し、
YouTubeでも1,300万再生の実績あり。
作編曲(DTM)、プログラミング、HP作成、
フリー素材配布などマルチに活動している。

→野田工房の詳細な
プロフィールはこちら


Copyright (C) 1995-2018 野田工房どっとねっと All Right Reserved.